2016年09月08日

5/27 6/10・22 保育ボランティア養成講座


ご報告が遅れましたが、今年も「保育ボランティア養成講座」(全3回)を水戸市福祉ボランティア会館(ミオス)にて開催し、約30名の意欲的な方々が参加しました。子どもが好きな方の力を、地域の子育て支援にぜひ役立てていただきたいと思います。

5月27日(金)、第1回「保育ボランティアを行うにあたって」の講座がありました。講師は常磐短期大学幼児教育保育学科非常勤講師の石橋豊美先生で、保育総論についての講義をしていただきました。参加者は緊張していましたが、手あそびや自己紹介をしたので、少し落ち着いたように見えました。
石橋先生から保育実践の体験談を交えたお話を聞きました。子どもの身体や心の発達、事故防止、一時預かり時についての注意事項など、具体的な子どもへの対応を知ることができました。

1605hoiku01.jpg

1605hoiku02.jpg

6月10日(金)、第2回目、日本赤十字社派遣講師の小林清美さんをお招きし「幼児安全法」を開催しました。思いもよらない事故や子どもの行動に備えることが、まず大切とのことで日常生活での危険箇所や物など学びました。
実技では、2人1組になり、バンダナとストッキングで包帯や三角巾等の代用する方法を学びました。細かなところも確認しながら、皆さん熱心に行っていました。
蘇生法では、AEDの設置場所と使用出来る時間を確認しておく事も大切と学びました。子どもだけでなく、大人にも活かせる内容でした。予期せぬ事態に慌てぬよう、普段から備えは必要と痛感し講義を終えました。

1605hoiku03.jpg

1605hoiku04.jpg

6月22日(水)青木千鶴子先生(親子体操講師)をお招きし、第3回目「子どものレクリエーション実習」が開催されました。
まず先生が、子どもと関わるうえで大事にしている「ニコニコ笑顔」「名前を覚えて呼んでみる」「面白い顔などふざけてみる」の3つやテクニックを教わりました。
そのテクニックを実践した、2人1組で保育者と子どもになりきった実技は、大人同士でも楽しい雰囲気になりました。タオルマジックも、うけること間違いなし!でした。折り紙では、参加者がスイカやクジラなどを、どう折るのか童心に返りながら折る姿がみられ、楽しく有意義な講義となりました。

1605hoiku05.jpg

1605hoiku06.jpg

全3回の講義を受け、保育ボランティアに登録をして頂いた方、ありがとうございます。一緒に楽しく活動出来たらいいなと思います♪(ゆ)
posted by penguin at 05:04| 保育付き講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする