2016年07月18日

6/18 総会&みとぴよ音楽隊子連れコンサート

6月18日(土)桜川市民センターで、2016年度総会を開催しました。
2015年度事業・会計報告し、承認されました。また、2016年度事業計画・予算(案)も承認され新年度がスタートしました。

総会後はホールで、みとぴよ音楽隊による「子連れコンサート」を行い、約20組50人が参加しました。演奏者も子連れのパパやママ、ペンギンくらぶのスタッフも子連れ。生の演奏を親子であまり聞けないので、良い機会になりました。

1606piyo01.jpg

1606piyo02.jpg

アニメや映画の曲など耳慣れたものが多く、抱っこされた小さな子ども達も楽しんでいました。参加者も各自で準備してきた楽器を手に、演奏に合わせて様々な音色を出していました。手遊びやクイズ、ダンスもあり、みんな笑顔になっていました♪

ペンギンくらぶでは、子連れで楽しめるイベントを企画しています。ぜひ参加してくださいね。(さ)
posted by penguin at 06:24| 親子のための講座・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

6/9・23・30 「フェアリーテールからファンタジーへ」

保育付き「フェアリーテールからファンタジーへ」(全3回・子どもゆめ基金助成)の講座を、フェリス女学院大学教授の藤本朝巳さんを講師として招き、水戸市福祉ボランティア会館(水戸市赤塚)で開きました。

1606fantasy01.jpg

1606fantasy02.jpg

第1回目では、ファンタジー誕生の背景について学びました。ファンタジーは19世紀の中頃にイギリスで生まれたこと、イギリスのファンタジー作品はフェアリーテールの伝承の世界を受け継いでいること、信じる人には不思議なものが見えたり聞こえたりすること、そして、ファンタジーには2つの型があることなどを話しました。

第2回目では、ファンタジーの2つの型のうち、「出発帰還型」(生きて帰りし物語)について、「ホビットの冒険」などを題材にして学びました。

第3回目では、ファンタジーの2つの型のうち「来訪退去型」(来たりて去りし物語)について「風にのってきたメアリーポピンズ」や「天人女房」を題材に解説されました。

全3回の講座は、「大学では15回分の講義内容」とのことで、短時間で内容の充実した講座でした。フェアリーテールの定義や特徴、ファンタジーの効用、時代性、魅力などについて、多くのお話や資料、文献の情報を頂きました。これらをもとに、今後も学習を続けていきたいと思います。(や)

posted by penguin at 06:17| 保育付き講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

6/28 幼稚園合同説明会・水戸

6月28日(火)、水戸市青柳公園市民体育館(水戸市水府町)で「幼稚園合同説明会・水戸」を開催しました。
幼稚園選びに役立てるため、水戸市教委、水戸市私立幼稚園協会と共催で、毎年開催しています。

1606yochien01.jpg

1606yochien02.jpg

認定こども園制度ができて間もないので保護者の関心も高く、雨の降る中、子どもを連れて、昨年を上回る約1060人の皆様の参加がありました。

1606yochien03.jpg

1606yochien04.jpg

1606yochien05.jpg

説明会には、水戸市・茨城町の全私立幼稚園18園と、水戸市内の公立幼稚園、水戸市教育委員会が出席し、園の教育方針や特徴、給食や園バス、預かり保育の状況など、保護者の質問に応えていました。(や)
posted by penguin at 05:56| 幼稚園情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

3/27 いせひでこさん講演会「絵本はいのちの現場〜こころの木をそだてながら」

3月27日(日)、茨城県総合福祉会館で、いせひでこさん講演会「絵本はいのちの現場」こころの木をそだてながら(子どもゆめ基金助成、茨城県教育委員会ほか後援)を開催しました。

1603ise01.jpg

1603ise02.jpg

いせさんは、「いのちの現場」というタイトルを付けたわけ、絵本「ルリユールおじさん」ができるまで、1000人のチェリストの話、アカシアやクロマツやひまわりの話、そして、最新刊「幼い子は微笑む」の話などをされました。

自身の絵本作りについて「自分自身が分からないから作っている。どうしてこの子のことを書きたいんだろう、どうしてこの風景を描きたいんだろう、どうしてこの木じゃなきゃダメなんだろう、っていうことをずうっと繋げていって、そこにいのちの何かがあるんだなということに気付くプロセス」であり、「人間がこころの中に一本の木を持っているのだとしたら、その樹齢に合わせた、年輪の声を聴くようなことから言葉が紡ぎ出されなければならないし、色や絵も出て来なければいけない」と話しました。

「絵本は低学年で読んで終わりではなく、人生の最後まで何度でもいろんな読み方ができる」といういせさんの言葉に、私も作品を何度でも読み返してみようと思いました。

参加者は「長い時間をかけて作品を生み出すことが分かり、絵本になるまでのいせさんの思いが伝わってきました。とても感動しました」と話していました。

次回の絵本作家による講演会は、11月の開催を予定しています。詳細は9月頃にホームページお知らせします。(や)


posted by penguin at 06:17| 保育付き講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

3/15 えほんサロン

3月15日(火)、水戸市福祉ボランティア会館でえほんサロンを開催しました。
この日は親子3組と参加者が少なかったので、今井さんと絵本のことや子育てのことなど、おしゃべりを楽しみながら和やかに過ごしました。

開催して3年を迎えたえほんサロンですが、今回を最後に終わることとなりました。
毎月たくさんの絵本を通して、たくさんのお母さんとお子さんの笑顔に出会えたことを嬉しく思います。
ご参加いただいたみなさん、講師の今井さん本当にありがとうございました。

これからもペンギンくらぶでは子連れ向けのイベントや保育付き講座を開催します。
またみなさんにお会い出来る日を楽しみにしています♪(ま)
posted by penguin at 18:02| 親子のための講座・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

2/16 えほんサロン

2月16日(火)水戸市ボランティア福祉会館にてえほんサロンを開催しました。スタッフ合わせ8組の親子と、絵本を楽しみました。今月のテーマは「大丈夫!難しくない、科学絵本」です。

1602salon01.jpg

1602salon02.jpg

寒い日でしたが、「カンガルーの赤ちゃん」などのふれあい遊びで体も暖まり、和やかな雰囲気で始まりました。
科学絵本は難しい、というイメージがありましたが、今井さんの紹介してくださった「ちきゅう」「たんぽぽ」「宇宙」などは、テーマ通り「大丈夫!難しくない」と感じられるものばかりでした。
参加してくれたママからも「ちきゅうがウンチだらけにならないわけ」「みかん」などの絵本を紹介して頂きました。
「何で地球はあるの?人間はサルなの?」など質問をしてくるわが子と一緒に、ぜひ読んでみたいと思いました。
次回のテーマは「ナンセンス絵本」や「ことばあそび絵本」で遊ぼう!です。えほんサロン最終回になります。テーマに関係なくお気に入りの絵本を持って、ぜひいらしてくださいね♪(ゆ)
posted by penguin at 18:54| 親子のための講座・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

1/19 えほんサロン

1月19日(火)、水戸市福祉ボランティア会館にて新年最初のえほんサロンを開催しました。

1601salon01.jpg

まず初めに、「ゆき」、「こすれこすれ」などの冬の歌からスタートしました。こすれこすれでは、歌に合わせて、お母さんの手で子どものほっぺやお腹をこすって最後の「へい!」でみんなで寒さを吹き飛ばしました!

 絵本の紹介では、今月のテーマ「冬の絵本」に沿って「ふゆ」や「ゆきがやんだら」といった雪に関した絵本から「おしくらまんじゅう」、「あったまろう」などほっと温まるような絵本の紹介がありました。

1601salon02.jpg

1601salon03.jpg

 前日にはちょうど都心で雪が降り、今井さんからは「大人にとっては雪は嫌な物ですが、子供たちにとっては、雪はやっぱり宝物のような物ですね。」とあり、私も子供の頃は、雪が降ると夢中で雪遊びをしたことを思い出しました。

 次回は2月16日、テーマは『大丈夫!難しくない「科学絵本」の魅力』です。寒さで家にこもりがちな季節ですが、ぜひ遊びに来てくださいね!(ま)
posted by penguin at 08:52| 親子のための講座・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

12/15 えほんサロン

12月15日(火)、水戸市福祉ボランティア会館で、えほんサロンを開催しました。毎回新しいお友達に出会えるサロン。今回も初めての方を含め9組の親子と絵本を楽しみました。

1512ehon01.JPG

1512ehon02.JPG

今回のテーマは、海外のロングセラー。今井さんから紹介のあった「あおくんときいろちゃん」、「三びきのやぎのがらがらどん」は、我が家の子ども達も大好き!「かいじゅうたちのいるところ」や「てぶくろ」は、私も小さい頃に読んで、ずっと記憶に残っています。「お母さんが昔読んだ絵本を今になって読むと、また違った気持ちになることができる」と、今井さん。そうやって、子ども達とまた新しい気持ちで向き合える絵本は、やはり子育てには欠かせな素晴らしい物だとしみじみ感じました。

最後に、もうすぐクリスマス!ということで、カスタネットを自由に叩きながらクリスマスソングを♪ママ達の歌声に、子ども達も笑顔をたくさん見せてくれました。

次回のえほんサロンは1月19日。テーマは冬の絵本です。寒くておうちに引きこもりがちなこの季節ですが、冬ならではの絵本を見つけに、ぜひ遊びに来て下さい!(み)
posted by penguin at 21:56| 親子のための講座・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

12/5 クリスマスコンサート

12月5日(土曜日),水戸市福祉ボランティア会館内の喫茶はーとにて「クリスマスコンサート」(歳末地域たすけあい事業)を開催しました。抽選に当選した約60人の親子に一足早いクリスマスを楽しんでいただきました。
演奏は今年も星野由美子さんとハートフルユニティさんです。(今年は全員がサンタさんでした♪)

1512kuricon01.jpg

1512kuricon02.jpeg

子育て中は生演奏のジャズを聴く機会はほとんどありませんが,今日は子連れで楽しめるコンサートのため,たくさんの方から応募していただきました。

定番のクリスマスソングの「サンタが街にやってきた」や「赤鼻のトナカイ」のほか,しっとりと「ホワイトクリスマス」や「静かなクリスマス」などを歌っていただき,子どもはもちろん大人もすっかり夢中になりました。子どもたちはお気に入りの楽器を持参して、一緒にリズムをとって楽しんでいました。

星野さんからは,「子育てを応援していますよ」とあたたかいメッセージがあり,「子どもは泣くのが仕事だから」と子どもたちの自由な振る舞いにも笑顔をみせていただき,子どもたちとリラックスして音楽を楽しめました。

今回はいつもよりパパの参加も多く,普段の子育てにもパパが参加しているのだろうな〜と感じることが多かったです。

ペンギンくらぶでは毎月第3火曜日にえほんサロンを開催しています。2015年最後は12月15日です。10時00分から水戸市福祉ボランティア会館でお待ちしています。申し込み不要ですので,お気軽にご参加ください。(ぬ)
posted by penguin at 00:04| 親子のための講座・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

11/25 保育付き「初めてのママに贈る絵本講座」

11月25日(水)、水戸市福祉ボランティア会館(水戸市赤塚)で、保育付き「初めてのママに贈る絵本講座」(子どもゆめ基金助成)を開きました。赤ちゃんを持つ親など20人が参加し、絵本の魅力や読み聞かせの大切さについて学びました。

初ママ絵本02.jpg

初ママ絵本06.jpg

講座では、講師の坂部豪さん(元水戸市立見和図書館長)が「メディアとの最初の付き合いが絵本であればと思います。外出の時も絵本を1冊持っていって、読んであげてほしい」「うるさいと言われるのではとためらわれるかもしれないが、図書館をどんどん利用して。小さい子のためのおはなし会も開催しています」と話しました。
また、「子どもによって想像力のタイプが違います。おはなしが好きな子もいれば、図鑑が好きな子もいる。子ども一人ひとりにあった絵本を探してほしい」とアドバイスし、長い間子ども達に読まれている絵本を中心に、様々な絵本を紹介しました。

参加者からは「とても分かりやすいお話で、絵本を通しての親子のコミュニケーションの大切さが伝わりました」「古くからあるおすすめの本など教えてもらい勉強になりました」などの声が寄せられました。

ペンギンくらぶでは、「子どもゆめ基金」の助成により、2002年から子どもの本に関する講座を開催しています。次回は、来年3月に絵本作家による講演会を企画中。詳細は、年明け早々にホームページに掲載します。どうぞお楽しみに。(や)
posted by penguin at 08:48| 保育付き講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする